生クリームの行方

 たまには食べ物の話でも、しましょうか。
 下の画像、カルボナーラです。時々、自分用に作って食べます。
 なぜカルボナーラかと言うと、生クリームを使い切りたい…というちょっとばかり消極的な気持ちが発端です。
 生クリームは、タカナシ乳業の「特選北海道純生クリーム35 200ml」を買っています。弊店では、それほど使う材料ではありません。「アレキサンダー」「グラスホッパー」「ホワイトルシアン」などのカクテルには必須ですが、大さじ1杯程度の量です。コーヒーのご注文があり、「ミルクを入れてください」とご要望があれば、小さじ1杯ほどのこれと同量の牛乳とを入れます。要するに、なかなか減ってくれません。
 しばらく前に当ブログの「ウイスキーに合うつまみは何だろう(実験)」でご紹介したチーズケーキ。これを作成する際には一気にドーンと消費するのですが、使わない日がほとんどですね。そんなワケで、職場での“エサ”と化してしまう生クリームであります。
 カルボナーラの背後にあるのは、「チョルーラ・ホットソース・オリジナル」という辛味調味料です。これを少々ふりかけると、なかなか面白い味に変身するんです。
c0099300_16355389.jpg

[PR]
by connection1970 | 2017-03-13 22:37 | 食べ物に関する話題 | Comments(0)
<< 味の覇者 コネクシオンが『高円寺経済新聞』に >>