「ほっ」と。キャンペーン

昨晩感じたこと

 おはようございます。

 昨晩、コネクシオンのチラシをデザインしてくださったUTさんがご夫婦でいらっしゃいました。
 本を何冊かご持参でした。話を聴くと、「E(杉並区に隣接するN区にある地名)に引っ越すので買い取ってください…」とのことでした。

 UTさんは高円寺在住で、地図作成などで話がしやすいことなどもあって、チラシに関するお仕事を開店時からお願いしていました。

 UTさんは賑やかな人ではないものの、いつも明るい感じがする人なのですが、昨晩はちょっと様子が変でした。笑顔が全然出ないのです。うーん、どうしたんだろう?別に怒っているわけでもなさそうだしなぁ…などと私は思っておりました。

 「今夜がラスト・コーエンジ・ナイトってわけですね。」 
 お帰り際に私がそう言ったら、UTさんは泣き顔になってきました。
 「高円寺近辺に、7年住んでました。ここから離れるのは、つらいです。」
 どんどん泣きそうになるUTさんには、次のような言葉しかかけられませんでした。
 「Eから高円寺は近いですし、たまにはコネクシオンへ遊びに来てくださいよ。」
 それに対する答えは、力ない声になっていました。
 「はい…高円寺に来たら、寄ります。」
 UTさんは、ポロポロ落ちる涙を拭っていました。

 あッ、こりゃ頑張って続けていかなければ…と強く感じました。

 (K)
[PR]
by connection1970 | 2007-06-03 05:59 | @高円寺 | Comments(0)
<< ハーフ・アニバーサリーで 5月の営業を振り返って >>