人気ブログランキング |

お酒の香りと味/その7・ボウモア12年

 こんばんは。
 しばらく時間が経過してしまいましたが、前回のその6・グレンフィディック12年+1はいかがでしたか?ご参考になれば幸いです。

c0099300_2302039.jpg その7です。スコットランドのシングルモルトウィスキー「ボウモア12年」。

 このシリーズでは、どちらかと言えば個性があまり突出していないタイプのウィスキーを取り上げてきました。
 今回は、今までと大きく違います。独特のスモーキーさがあります。

 前回までと同様、次の書籍を参考にしながら味見をしました。
 「ワイナート」編集部・編/土屋守・監修『ウイスキー基本ブック』美術出版社 2012年

◎その7・「ボウモア12年」

<色> 
・やや濃いめの琥珀色。うっすらと赤みがある。

<香り>
・『ウイスキー基本ブック』;「個性的にじわっと広がる印象」「ピート、モルト、アスファルト、オレンジ、アンズ、桃、マンゴー、ミント、奥からかすかにトロピカルフルーツ」
・実際に感じられる香り;薬品香(=ピート香:正露丸に近い)と甘い香りとが渾然一体となっている。強くはないが独特の香り。モルトの香りは感じられる。アスファルトかどうかはわからないが石油に近い香りはある。オレンジ、アンズ、桃、マンゴー、トロピカルフルーツの各種について特定できるのか疑問。ただし熟すにつれて黄色~赤が強くなる果物のイメージは確かにある。

<味>
・『ウイスキー基本ブック』;「ピート由来のスモーキーさを感じ、その後熟した果実様の甘みがしっかりと広がる」「酸味とのバランスもよく心地よい」「余韻は中程度、ピートと果実の甘みが残る」
・実際に感じられる味;まず口の中では甘みが感じられる。香りが鼻へ抜けて行く時点でスモーキーさが現れる。酸味についてはあまり感じられない。“鰹節に似た感じ”とあるお客様が評していたが的確かと思う。バニラに近い芳香が残る。

<所感メモ>
・『ウイスキー基本ブック』に「ピートと果実の融合」と書かれている。その通りである。
・カカオ分が多いチョコレートを合わせると大変良いと思っている。ボウモア12年の香りと味が引き立つ。もちろんチョコレートも引き立つ。
by connection1970 | 2012-08-06 20:40 | お酒に関する話題 | Comments(0)
<< コネクシオン日誌120806 コネクシオン日誌120804~... >>