人気ブログランキング |

お酒の香りと味/その18・ザ・グレンロセス ヴィンテージ1998

 前回の「その17・ラフロイグ10年(40%と43%)」はいかがでしたか?
 またもやスコットランド産のシングルモルトウイスキーです。「ザ・グレンロセス ヴィンテージ1998」です。
c0099300_1613223.jpg
 “ヴィンテージ”とあります。もともとは、ワインの製造年を示すらしいです。ワインの原料であるブドウは、年ごとに品質や収穫量に差があり、ワインという商品になっても差が出る…そこで、年次を表記してそれぞれの価値の目安にしよう、という意味のようです。
 最近は、ウイスキー、特に高級な品々で“ヴィンテージ”表記が増えてきたように思います。ウイスキーの場合には、ワインとは違って、蒸溜(=蒸溜~樽詰め)の年が記されるのが一般的なようです。
 ラベル右下端の部分を見ると、「DISTILLED IN 1998 BOTTLED IN 2012」とあります。14年熟成ですね。
 さて、表面的な事項はともかくとして…色・香り・味などの特徴に移ります。参考になれば、幸いです。

<色>
 やや褐色がかったオレンジ色。暗くはない。明るい色である。

<香り>
 アルコール感はあるものの、ツンとした刺激ではない。オレンジやフレッシュな白ワインを思わせる、フルーツ系の香りがまず感じられる。紅茶やキャラメルのような、渋さや甘さを連想させる香りもある。

<味>
 口にすんなりと入ってすんなりと広がる。アルコールによる打撃感は、ほとんどナシと言っても良い。甘味と酸味と渋味がバランス良く溶け合っている印象。オレンジピール、レーズン、コーヒーを想像する。

<余韻>
 長いと思う。甘味と渋味が口の中に残る。香りはやはり、オレンジだろうか。

<所感>
 アルコールが43%でありながら、香りも口当たりも、かなり穏やか。しかし、洗練された味わいがジワジワと効いてくる。
 余韻の長さが楽しい。もう1杯同じのを飲んでみようかな…と思わせるタイプでもある。
by connection1970 | 2016-06-27 19:08 | お酒に関する話題 | Comments(0)
<< コネクシオン日誌160626~... 『高円寺買います』 >>