人気ブログランキング |

2016年 03月 06日 ( 1 )

【新入荷】シングルモルト余市(ウイスキー)

 こんばんは。
 この【新入荷】の記事、前回が今年(=2016年)01月のザ・グレンドロナック カスクストレングス(ウイスキー)でした。毎度のフレーズですが、他にも新入荷の品がいくつかあるのですけれどねぇ…

 さて、最近新しく仕入れたウイスキーを紹介します。「シングルモルト余市」。日本のニッカウヰスキーが製造しています。
c0099300_02181620.jpg
 この商品は、昨年の09月に、「シングルモルト宮城峡」と同時に発売となりました。“余市”も“宮城峡”も、以前は10年・12年・15年のラインナップ構成だったのですが、ノンエイジ(=熟成年数表記をしない)品に統一となりました。
 弊店ではかつて、「余市12年」を置いていました。ズッシリとした味わいで、私自身も好きなウイスキーでした。それが昨年の初め頃から品切れが目立つようになり、夏になる頃にはニッカのシングルモルト2銘柄はかなり絞り込まれた構成になる見込み…と噂が流れてきました。全般的にウイスキーの人気も出てきたし、仕方がないかなぁ?とは思っていましたが、実際にノンエイジのみの公表を見た時には、えええッ!と驚いたものです。

 またもや前置きがずいぶん長くなってしまいましたが…例によって、色・香り・味の特徴を下に記しておきます。ご参考になれば、幸いです。

<色>
 透明で明るい麦藁色。ラガータイプのビールよりも薄いか。

<香り>
 アルコール感が強くツンとする印象。黒土や石油のような香り、チョコレート風の香りもある。

<味>
 アルコール度数45°のことだけあってか、刺激は強め。一方でリンゴに近いフレーバーがあり、フルーティとも言えるだろう。渋味、苦味、甘味、それぞれがバランス良く一体となって口内に広がる。

<余韻>
 長く尾を引くと思う。燻製や焚き火の煙を思わせる、ピート香が残る。バニラ香も残る。 

<所感>
 ノンエイジ品となったことで、発売当初はネガティブな意見もあったようだ。しかし、個人的には、変わらず世界に誇れるレベルのウイスキーではないか?と感じる。
by connection1970 | 2016-03-06 02:19 | お酒に関する話題 | Comments(0)