人気ブログランキング |

2016年 06月 02日 ( 2 )

【新入荷】アルバータ ダークバッチ(ウイスキー)

 こんにちは。
 前回の【新入荷】の記事、クライゲラキ13年、いかがでしたか?ご来店・ご注文、お待ちしておりまーす!
 さて、他にも新しく仕入れたウイスキーがありますので、紹介します。「アルバータ ダークバッチ」。カナダ産のウイスキーです。
 “5大ウイスキー”という表現を、時折見かけます。スコットランド、アイルランド、アメリカ、日本、そしてカナダ。何が根拠となって“大”となっているのか、いまひとつハッキリと知らないままでいるのですが…いずれにせよ、ウイスキーづくりの技術や歴史を持ち、優れた製品を市場に出し続けている、という共通点はあるようです。
 今回ご紹介する「アルバータ ダークバッチ」は、ちょっと面白いウイスキーです。ライ麦を原料とするカナダ産ウイスキーを91%、アメリカ産のバーボンウイスキーを8%、スペイン産のシェリーを1%、それぞれブレンドしているそうで、そのことが明記・公表もされています。
 お酒に関しては、洋の東西を問わず“生一本”が尊ばれる傾向が、あると思います。諸々の事情で“生一本”にならない品では、それを明記しないか、もしくはボンヤリとした表記にしてしまうか、あるいは別の価値観を前面に押し出すか…そんなパターンが一般的なようです。
 何だか、異色ですよね。他にないウイスキーをつくってやろう!という意気込みを、感じてしまいます。
c0099300_13572178.jpg
 さて、例によって、色・香り・味などの特徴を下に記しておきます。ご参考になれば、幸いです。

<色>
 濃い褐色。黒っぽさがある。薄口醤油くらいに見える。

<香り>
 鼻を近付けると、アルコールの刺激あり。色の濃さとアルコール度数45°から、重厚な香りを想像するが、意外に軽め。レーズンに近い芳香がある。

<味>
 口に含むと、まず甘味が感じられる。おだやかながら、酸味もある。やはりレーズンの感じ。苦味や渋味などはあまりなく、スムーズ。ウイスキーにしてはニュートラルかな?と言いたい。

<余韻>
 短い。あっさりしていると思う。ごく薄く、紅茶の風味が残る。

<所感>
 「ダーク」という言葉と、見た目の濃い色とのイメージとは裏腹に、全般的にかなりライトな印象。いかにもウイスキー!という感覚とは、ちょっと離れるかもしれない。
 カクテルベースとしては、扱いやすいかも?と考える。今後実験してみたい。
by connection1970 | 2016-06-02 14:03 | お酒に関する話題 | Comments(0)

コネクシオン日誌160601

 160601水曜日。
 営業時。通常営業。動きナシ。完全試合達成…
 160602木曜日は通常営業。
 160603金曜日は20:00~「when I'm 46〜アラフィフって、オレたちがかい?」。イベント終了後は通常営業の予定。
 160604土曜日は19:30~『横田寛之 ETHNIC MINORITY「Noise Bossa Vol.47」』。イベント終了後は通常営業の予定。
 160605日曜日は通常営業。
by connection1970 | 2016-06-02 01:10 | コネクシオン日誌 | Comments(0)